中信地域

中信地域の田舎暮らしTOPICS(概要編その3)

こちらでは、南信地域の田舎暮らしTOPICSを取り上げています。 今回は、大桑村、木祖村、生坂村、山形村です。

大桑村(おおくわむら)
空き家バンク制度がありますので、ご希望のかたは登録をお願いします。村は情報の紹介や連絡調整等を行います。
大桑村観光協会では大桑村体験を実施しています。
例:コカリナ製作体験(3,500円/税別)
ヒノキの間伐材を利用したコカリナ作りを体験できます。自分で作ったコカリナの木の音色を楽しむことができます。などほかにもあります。

大桑村の田舎暮らし・移住情報はこちら

木祖村(きそむら)
畜産業の後継者が不足していることから、外部からの就農希望者を早期に確保・育成することを目的に、『畜産担い手確保育成事業』を実施しています。研修生1名あたり、国の青年就農給付金(年間150万円)の他に、村から年間30万円の補助金を支給します。
プレママサポート事業では、妊婦検診14回分、超音波検査4回分を助成しています。

木祖村の田舎暮らし・移住情報はこちら

生坂村(いくさかむら)
『空き家等バンク』で空き家情報の提供をしています。詳細な情報や具体的な交渉を希望する方は、利用登録申込を村に届けていただくと、希望する物件の詳細情報を提供します。
「一日いくさか村民ツアー」があります。山菜狩り・田植え農業体験など、農業体験ツアーを1泊2日で実施しています。新宿から参加費1人19,000円~21,000円。生坂村役場振興課内『生坂村観光協会』

生坂村の田舎暮らし・移住情報はこちら

山形村(やまがたむら)
松本市や塩尻市等のベッドタウンとして人口の伸びは堅調です。自治体の規模の割に商業施設が充実しています。特徴としては降水量が少なく、夏と冬の寒暖差があります。特産のそばでは「唐沢そば集落」があり約500メートルの集落に9件のそば屋が軒を連ねます。その味は、全国もそば通をうならせる逸品ぞろい。アットホームな雰囲気のおもてなしでお迎えします。

山形村の田舎暮らし・移住情報はこちら

この4市町村での土地・住まいを買いたい方はこちらから!
この4市町村で住まいを借りたい方をこちらから!

ページTOPへ

中信地域の田舎暮らしTOPICS(概要編その2)

こちらでは、中信地域の各市町村で特色ある「田舎暮らし」に関わる話題をピックアップして紹介しています。 今回は、塩尻市、小谷村、木曽町、南木曽町、上松町、王滝村です♪

塩尻市(しおじりし)
日本ほぼ真ん中に位置。特産のワインのイベント、塩尻ワイナリーフェスタ、平出遺跡、奈良井宿の町並みや木曽漆器が有名。毎年開催されている奈良井宿一番の大きな祭「奈良井宿場祭」は、6月第1金・土・日に開催。江戸時代、京都宇治から徳川家へ献上されるお茶が中山道を行列しました。このお茶壷道中の行列は毎年6月第1日曜日(午後12時30分~午後4時)のみとなります。多少の雨ならば決行いたします。本物の宿場街ならではの大名行列です。
塩尻市の田舎暮らし・移住情報はこちら

小谷村(おたりむら)
小谷村では、空き家の有効活用を通して、集落機能の維持及び定住促進による地域活性化を図るため、小谷村空き家情報登録制度「空き家バンク」 を創設しています。
登録はご本人確認の為、「空き家バンク登録申込書」提出時に、運転免許証か住民票原本を提示。物件情報としては「姫川を見下ろす集落の古民家。日当たり良好」(写真付き)など、HPに掲載されています。

小谷村の田舎暮らし・移住情報はこちら

木曽町(きそまち)
本格的に農業を目指したい方には、開田高原就農トレーニングハウスをご用意しています。まずは家庭菜園からでも。利用料は単身世帯:月額10,000円~あります。利用期間、就農のための補助制度など詳細はお問合せください。
移住のためのガイドブックを用意しています。『いいなぁ、木曽町で新生活』 をご希望の方は、木曽町企画財政課までご連絡ください。
開田高原別荘地情報は311.8坪で330万円から。

木曽町の田舎暮らし・移住情報はこちら

南木曽町(なぎそまち)
長野県下の町では最も人口が少ない町。妻籠宿及び三留野宿が、中山道の宿場町として発展してきました。工芸品として防寒着の「なぎそねこ」があり有名。
観光・温泉地として田立の滝(天河滝)、妻籠宿、 読書発電所、桃介橋、妻籠城田立の滝キャンプ場、柿其温泉 南木曽温泉 富貴の森温泉などあります。

南木曽町の田舎暮らし・移住情報はこちら

上松町(あげまつまち)
空き家バンク制度ありますのでご登録ください。「登録番号」をクリックすると該当する物件の詳しい情報を見ることができます。また「写真」をクリックすると該当する物件の外観写真を見ることができます。
赤沢自然休養林があり、施設では情報収集や飲食、宿泊などに利用できます。
県立木曽病院と提携し、健康診断と森林浴を組み合わせたリフレッシュメニューを用意しているのも特徴のひとつです。

上松町の田舎暮らし・移住情報はこちら

王滝村(おうたきむら)
王滝村は、山岳信仰の信者を全国から集める霊峰御岳山(標高3,067m)と、ヒノキの美林があります。年間平均降水量は2,500mm前後と長野県でも有数の多雨地帯で、村内には、牧尾ダム・三浦ダム・滝越ダムがあり水資源、電力源となっています。
おんたけ王滝コミュニケーションがあり、サイトに登録すると、詳しい大滝村の情報が得られます。(大滝観光総合事務所)

王滝村の田舎暮らし・移住情報はこちら

この6市町村での土地・住まいを買いたい方はこちらから!
この6市町村で住まいを借りたい方をこちらから!

ページTOPへ

中信地域の田舎暮らしTOPICS(概要編その1)

こちらでは、中信地域の各市町村で特色ある「田舎暮らし」に関わる話題をピックアップして紹介しています。 今回は、松本市、大町市、安曇野市、麻績村、筑北村です♪

(松本市)
松本市では政策課の「松本暮らし総合案内窓口」で移住情報を提供しています。独自の施策としては使用していない教職員住宅を3か月目安に貸し出しています。(四賀地区)「移住したいが、仕事がないと家の賃貸契約もできない。時間がなく就職活動ができずに大変で困る」との声を受け、仕事探しの拠点に、また、お試しで住んでみたいという方のために準備しています。
松本市の田舎暮らし・移住情報はこちら

(大町市)
りんごオーナー収穫体験ができます。「りんごオーナー」になれば、りんごの木一本があなたのもの。(毎年更新) 秋にはりんごの収穫が楽しめます。
また、滞在型の麻績市民農園は毎朝収穫した新鮮な『朝摘み野菜』が食べられます。
子供さん向けには親元を離れてセンターでの集団生活と地域の農家でホームステイをしながら自然体験、農業体験ができます。
大町市の田舎暮らし・移住情報はこちら

(東筑摩郡 麻績(おみ)村・筑北(ちくほく)村)
麻績村では移住したい方に、空き家等情報登録制度を創設しています。
登録には、定住または定期的に滞在して地域の活性化に協力できるなどがあります。
「曼陀羅の里農業体験ツアー」では年4回の通年型の農業体験ツアーを実施しています。おいしい米づくり、夏野菜の収穫、里巡りなどじっくり、ゆっくりの田舎体験です。
麻績村の田舎暮らし・移住情報はこちら

(安曇野市)
安曇野市観光協会では「りんごの木オーナー制度」の申し込みをはじめています。1本2万円で最低補償りんご150個。お申し込みを希望される方は、観光協会までメールか電話を。
北アルプスの山麓にひろがるのどかな田園地帯「安曇野」は、自転車でゆっくりと風を感じながら走ってみるのがおすすめ。宿泊施設等に無料でレンタサイクルの配達や回収をしてくれるお店もあります。
安曇野市の田舎暮らし・移住情報はこちら

この5市町村での土地・住まいを買いたい方はこちらから!
この5市町村で住まいを借りたい方をこちらから!

ページTOPへ
信州・住まい探しのポータルサイト 名探邸局住ーむず
楽園信州空き家バンク 信州まる撮り 長野県の不動産情報ポータル 名探邸局すーむず イベントカレンダー 楽園信州

信州地域情報

長野地域
長野市・中野市・飯山市・須坂市・上高井郡・下水内郡・下高井郡・上水内郡
上田小県地域
上田市・東御市・千曲市・小県郡・埴科郡坂城町
佐久地域
小諸市・佐久市・北佐久郡・南佐久郡
中信地域
松本市・塩尻市・安曇野市・大町市・東筑摩郡・木曽郡・北安曇郡
諏訪地域
岡谷市・諏訪市・茅野市・諏訪郡
南信地域
伊那市・駒ヶ根市・飯田市・上伊那郡・下伊那郡